3/8はニュピ(新年)の前日 バリの大晦日


3/8は、ニュピ(新年)の前日、バリの大晦日でした。

今年も大晦日には、オゴオゴと呼ばれるお祭りが行われ、いつも静かで穏やかな町サヌールも、大いに盛り上がりました。

ogoogo2

ogoogo3
大晦日は月が隠れる暗月の日 と言われているそうで、悪霊が地上に這い上がってくるのだとか...
鍋釜を打ったり大きな音を出して 家に入り込んだ悪霊を追い出し、その追い出された悪霊が、このオゴオゴに乗り移るとの考えのようです。

最終的にオゴオゴはどんな芸術的作品でも
焼かれてしまいますが、 タマンアユンの近くのオゴオゴ博物館
でも一部のオゴオゴが見学できます。

ニュピの前夜、サヌールのスーパーマーケット(ハルディス)も
買い物客でごったがえしたようです。
ニュピ一日だけのことなのに、皆、すごい量の買い物で。
毎年のことですが、ニュピに備えての買い物は、早めに済ませた方がいいですね。

ogoogo4

そしてニュピ当日は、アビアンスクール前の大通り(バリパス)は、普段、車やバイクで騒音と混雑してますが、静かでした~
前日のオゴオゴで賑やかだったとは思えない静かさです。
スクール生にとっては外出禁止だし、退屈だったかと思いますが、このような機会は、なかなか体験できないので、良き思い出になっていればと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です